« 広島お好み焼@下総國 | トップページ | ヲペルと逝く@新潟&富山トキドキ岐阜 »

ヲペルと逝く@「鶴舞うかたち」の群馬県

5月某日。
世の中は大型連休モードに突入中。
日本遊星公社東京死社に所属する狂祖は、「お国の為に」…。「欲しがりません、勝つまでは」…。








の筈もなく。
ヒサビサの休みぢゃったけぇ。
天気が良い平日に、逝ってみたい処があったんよー。
それこそ。

上毛カルタで『鶴舞うかたちの群馬県』と詠まれてゐる県内某所。
我が愛用の「命のレヰダー探知機」によれば、標高は1103M!
1_27
「その場所とは?」(←児玉清先生的に読まれたいw)

ココでつ。
11_12
公道から右折した光景。
2_19
答えはココ。
3_14
構内図。大きく分けて「バンガロー部」と「キャンプサイト部」に分類される。
4_16
入口を入って正面。
41_7
狂祖は右折してバンガローエリアへ。
目指すは、この窪地。
5_12
枯葉で地面が覆われてゐますねー。
6_13
となれば。。。
賢明な諸兄姉はお気づきか?
この光景。誰しも一度は見た事あるのでは??
7_12
これですね。
8_12
さうです。
我らが崇拝対象たる現人神の最後のポカリ宣伝となった「枯葉綱引き」のロケ地ですね。
この撮影場所となったオートキャンプ場。
やっとこさ「冬季休業」から明けまして、営業を開始しました。
この辺りでは未だに桜が開花しておりませぬ。
気温が矢張り低いんぢゃのー。
既にCMの光景と異なり、樹木に葉っぱが茂っておるかのー、と多少危惧しておりましたが、まだまだ冬の立木姿でありやした。

で。
綾瀬女史率いる集団は、敵対グループと綱引き競技を行う為、下貼付電子画像の「奥から手前」方向に向かってきます。
9_12
その撮影時に「現人神」が御覧遊ばされてゐた光景は、こんな光景でありやした。
10_12
何やら「彩の國」の某所から。
『枯葉の中に埋もれなかったのか??』
なるイケズな御意見が聞こえてきそうでありやすが。
朝露をたっぷり含んだ枯葉の中に、埋もれる事は出来なかったんよー。
実際に撮影された時は、周囲から「新鮮な」枯葉をかき集め、この場所にたっぷり敷き詰めたそうです。
そう言えば。
当該CMでは、この場所で撮影された場面が印象的でありましたが、一連のCM撮影では、他に「キャンプサイトⅠ」で撮影されたカットも包含されてゐるさうぢゃけぇ。
まぁ詳しき場所は現地で確認してみんさい!
新芽が出てくる時分になる前が、お薦めぢゃw。

そのまま。
山を下る途中。
伊香保温泉の飲泉所に立ち寄りまして。
11_13
各自一読されたい。
12_12
伊香保温泉周辺まで下って来ると、桜が開花しておりました~。
13_12
さらに山を下り、前橋市内へ。
目指すはココ。
14_13
広島市西区では比較的著名なお店の「関東支店」。

関東分店は、この前橋にあるんぢゃ。(他に分店は、宮崎と長崎らしい。)
肝心要のお好み焼画像を撮影する事を失念orz。
関東地方のスーパーで「おたふくソース」を見かける事は、最近では珍しくなくなってゐるが、この店のソースは「おたふくソース(辛口)」でしゅ。
この辛口ソースは、関東地方では殆ど見かけませんねー。
ちなみにこの店の大将。
桐生@群馬の出身だそうですが、広島居留の折りは、「A佐■区」居住でいらっしゃったそうで。
しかも。
お住まいの地区は「祇◎」だそう。
まさか東京人から「A佐■区」とか「▼園」とか「緑井の天満屋」…なんて言葉が出てくるとは想定外だったそうw。
「兄弟弟子のお店@中筋」の位置とメッセイジを戴いたので、今度中筋に逝かなければなりませぬ…。

お店を後にした狂祖。
お次はここへ。
15_14
橋です。
昭和初期に急遽造られた橋。
16_11
歩行者が渡るのは非常に危険であるため、並行して歩道橋が設けられてゐる。
17_10
橋の北詰交差点。
18_9
そうです。
渡良瀬橋まできました。
ここまで来た理由は、この碑を見る為。
19_10
森高千里姉が作詞した「渡良瀬橋」の記念碑。
20_13
市が300万円強を拠出して設置したそう。
記念碑に近づけば。
お日様が出てゐる時間帯ならば、森高姉の肉声付き曲を耳にする事ができます。
21_12
森高姉は、この橋から見た「夕陽の美しさ」に感動してこの曲を書き上げたさうですが。
おいらも期待して夕暮れまで待機したのですが、遺憾ながら拝むに接せずorz。
22_12
一日の走行距離は大したことはなかったものの、一度逝きたかったor逝かなければならなかった場所へ逝く機会を得たこの日の収穫は大きいものであった。
ポカリ最終作となった「枯葉綱引き」は、様々な面で諸兄姉の記憶に留まってゐると愚考する。
現在では大塚製薬との契約は切れ、記憶の中だけの存在となってゐるが、最初の作品「路面電車と徒競走」は、長き「砂漠状態」に飢えてゐた綾瀬ヲタにとっての当に「命の水」であった。
監督が途中で変わり、その作風路線が変更となった事に戸惑いやその他の声が聞かれたが、狂祖自身は「現人神の表情」を豊かに引き出してくれれば、充分満足であるしそれで必要充分であると思ってゐる。
そんな観点からすれば。
ポカリCMには深甚な謝意を素直に表明したい。
まさに。『GJ!』って表現が妥当しますな。


【編集後記】
帰路実家に立ち寄り。
オカンに「ポカリ最終作品」のロケ地に逝った事を吐露。
すると。
オカン曰く。

『あら~?』
『ニュージーランドとハワイは~?』
『ワイハーに逝きたいわー。無料のプラヰベヰト通訳付きだもんねーw』

                  _| ̄|○

|

« 広島お好み焼@下総國 | トップページ | ヲペルと逝く@新潟&富山トキドキ岐阜 »

ポカリ」カテゴリの記事

岩槻管理室」カテゴリの記事

お好み焼」カテゴリの記事

コメント

o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

ピエロも行きたいナー『無料のプラヰベヰト通訳付き』だもんねー

o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

投稿: ピエロ | 2007年5月 5日 16:42

ピエロ将軍様。
逝かれたいのは…。
榛名?
それとも。
ワイハー??

>『無料のプラヰベヰト通訳付き』だもんねー
『有料』の書き間違いではございませぬか~??

投稿: Andrew | 2007年5月 5日 16:48

ハワイと台湾と欧州がいいなー
え!旅行代も出してくれるんだーo(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

ありがとう~

投稿: ピエロ | 2007年5月 6日 00:14

ピエロ将軍様。
>旅行代も出してくれるんだー
???
何て?
おいらは万年金員不足ぢゃけー。
ムリムリ…。
ワイハーは余り良い思い出がございませんのよー。
入国審査の折。
『貴殿の話す英語は、日本人のものとは大きく異なるのでアヤシイ。本当に日本人なのか要再審査!!』なんて理由で因縁つけられて別室送りになったからのーorz。

投稿: Andrew | 2007年5月 6日 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヲペルと逝く@「鶴舞うかたち」の群馬県:

« 広島お好み焼@下総國 | トップページ | ヲペルと逝く@新潟&富山トキドキ岐阜 »